<当サイトにはプロモーションが含まれます>

マイナポイントは楽天カードと楽天ペイのどっちが得?両方を比較!

両手を広げる女性 マネー
スポンサーリンク

マイナポイント第2弾の申し込みが6月末よりスタートして、はや2か月!
来年の2月末までが申し込み期間とあって、「まだまだ様子見~」なんて方も多いのでは?

ところが、マイナポイントの申し込みには、まずマイナンバーカードの発行が必要となり、この締め切りが2022年9月末まで。2023年2月末までに延長。
マイナポイントの受け取りには、何らかのキャッシュレス決済サービスの利用が必要となり、手続きには1~2か月を要することも・・・
そんなにのんびり考えてもいられない時期に入ってきました。

そこで、楽天ユーザーからは「なじみのある楽天カードと、楽天ペイどっちが得なの~?」なんて声が多く聞かれるように・・・

そこで今回は、ファイナンシャルプランナーの私が「マイナポイントは楽天カードと楽天ペイのどっちが得?両方を比較!」と題しまして、

●マイナポイントは楽天カードと楽天ペイのどっちが得?
●マイナポイントに「楽天カード」を選ぶメリットは?
●マイナポイント「楽天カード」のポイント還元率は?二重取りも!
●マイナポイントの「楽天カード」での受け取り方は?
●マイナポイントに「楽天カード」を選ぶデメリットは?
●マイナポイントに「楽天ペイ」を選ぶメリットは?
●マイナポイント「楽天ペイ」のポイント還元率は?二重取りも!
●マイナポイントの「楽天ペイ」での受け取り方は?
●マイナポイントに「楽天ペイ」を選ぶデメリットは?


9つのタイトルで深掘りしていきます。
どうぞ最後までお付き合いください。

楽天カードの決済サービスIDとセキュリティーコードとは?
↓  ↓  ↓

マイナポイントの申し込みが可能な家族カードは?
↓  ↓  ↓

楽天ペイのマイナポイントの受け取り方は?申し込み方法ガイド!
↓  ↓  ↓

マイナポイントは楽天カードと楽天ペイのどっちが得?

両手を広げ正面を向く女性

結論から先にお伝えすると、ポイント還元率と言う意味では、楽天ペイの26.5%に勝敗が上がります。
楽天カード26%なので、0.5%分楽天ペイの方がお得です!

しかし、単純に還元率だけでは判断できないのが難しい所。
その人によって、使い勝手や、お得に感じるポイントが違ったりしますよね~!


そこで、一緒に順を追って、楽天カードと楽天ペイの違いについて比較をしていきましょう!
「メリット」「還元率」「受け取り方」「申し込み時の注意点」の順に進んでいきますよ~!

●楽天ペイなら、毎日のお買い物で最大1.5%のポイント還元!
●さらに、楽天ポイントカードの提示と、楽天ペイの支払いでポイントの2重取りが可能!
楽天ペイアプリなら、楽天ポイントカードも中に入っているので、スマホ一つでOK!
忘れる心配がなく、お財布をガサゴソする必要がありません!
期間限定ポイントも優先的に使えるので、使い忘れなし!

iPhoneの方はこちらをチェック

androidの方はこちらをチェック

<楽天カードのメリットは?>
入会金・年会費無料
楽天カードの提示&カードでの支払いでポイントの2重取りが可能に!
●楽天市場での買い物は3%のポイント還元!
使えるお店が多いから、ポイントがザクザク貯まる!

このキャッシュレス時代に、クレジットカードも1枚持っておくと安心ですね!
気になる方は、まずはこちらをチェックしてみて下さいね!
↓ ↓ ↓

楽天カード新規入会キャンペーン

マイナポイントに「楽天カード」を選ぶメリットは?

会議中のテーブルに大きく広げられた報酬アップの図

まずは「楽天カード」のメリットについてです!

●キャッシュレス決済に慣れていない方でも、カードであれば利用しやすい。
●利用できる店舗が非常に多いので、ポイントが貯めやすく、利用もしやすい。
●入会金・年会費は永年無料。
●8月31日までに登録すると、楽天カードのポイントが抽選で1000名に10倍付与されるキャンペーン中。→詳細はこちらをチェック

スポンサーリンク

マイナポイント「楽天カード」のポイント還元率は?二重取りも!

マイナポイントの還元率25%にプラスして、楽天カードの利用により1%が還元されます。
合計26%
楽天ポイントでの還元が受け取れます。

さらに、「楽天ポイントカード加盟店」であれば、楽天カードの提示によりさらに最大1%の還元があります。
ポイント付与率はお店により異なりますので、以下でご確認ください。

買い物するお店によっては、最大で27%が受け取れるってことね~!

つまり、ポイントの二重取り・三重取りが可能なんだね!

スポンサーリンク

マイナポイントの「楽天カード」での受け取り方は?

前提として、マイナポイントの受け取りには、まず2万円以上のお買い物が必要となります。

●マイナポイントは楽天ポイントとしてもらえる。
●累計2万円以上利用した月の翌々月25日頃に、マイナポイント(最大5000ポイント)付与。
●ご自身での受け取り手続は不要。

マイナポイントに「楽天カード」を選ぶデメリットは?

●マイナポイント申し込み日以降のカード利用に対して還元される
●家族カード会員は申し込み不可(家族カード利用分は本会員の還元対象)

さて、ここまで「楽天カード」でマイナポイントを申し込みしたケースについて、順を追ってみてきました。
やはり、楽天カードは日常的に身近なお店でポイントを貯められて、利用できるのが大きな魅力ですね。
キャッシュレス初心者にも、スマホが苦手な年配の方にとっても、「スマホがエラーになったらどうしよう」等のストレスがなく利用できるのは大きいです!

お買い物する時に「楽天カードお持ちですか?」って聞かれること多いですよね~?
「持ってないです!」と、気軽に答えていませんか?

それ、とってももったいないですよ~!
そう聞かれると言うことは、「楽天カードがあれば、ポイントがもらえる!」と言うことだからです。
もらったポイントはお金同様にお買い物に使えるんです

小まめにもらっておくと、ビックリするほどポイントが貯まっていることも~!
それを拒否するなんて、とっても損してますよ~!

<楽天カードのメリットは?>
入会金・年会費無料
新規入会で5000ポイントプレゼント(随時変動しますので、入会前にご確認ください)
楽天カードの提示&カードでの支払いでポイントの2重取りが可能に!
●楽天市場での買い物は3%のポイント還元!
使えるお店が多いから、ポイントがザクザク貯まる!

このキャッシュレス時代に、クレジットカードも1枚持っておくと安心ですね!
気になる方は、まずはこちらをチェックしてみてくださいね~!
↓ ↓ ↓

楽天カード新規入会キャンペーン

カードを持ち歩くのは面倒・・・と言う方は、楽天ペイがおススメ!
楽天ペをダウンロードすれば、その中に楽天カードも入っているので、スマホ1つでポイント貯まる&使えます!

iPhoneの方はこちらをチェック

androidの方はこちらをチェック

マイナポイントに「楽天ペイ」を選ぶメリットは?

パソコンの置かれたデスクでスマホとタブレットを持つ手

さあ、ここからは「楽天ペイ」について見ていきましょう!
楽天ペイのメリットは以下の通りです。

●スマホ一つで買い物に行ける
●コンビニやレストラン、家電量販店、ドラッグストアなど多くのお店で利用でき、現在も順次拡大中
貯まった楽天ポイントで支払いした分も、マイナポイントの還元対象となる(期間限定ポイントも含む)
買い物時のポイント還元率が高い(下記参照)

マイナポイント「楽天ペイ」のポイント還元率は?二重取りも!

マイナポイントの還元率25%にプラスして、楽天ペイの利用により1%が還元されます。
ここに、楽天カードからのチャージを選択することで、+0.5%とすることができます。
合計26.5%の楽天ポイントでの還元が受け取れます。

楽天カードより0.5%お得に出来るんだね!

少し面倒ですが、楽天ペイのチャージ元を「楽天カードによるチャージ払い(楽天キャッシュ)」に設定することで、この0.5%還元が受けられますよ~!
お忘れ、お間違えないように、ご注意くださいね~!

<楽天カードもお持ちの方>

さらに、「楽天ポイントカード加盟店」であれば、楽天カードの提示によりさらに最大1%の還元があります。
ポイント付与率はお店により異なりますので、以下でご確認ください。

買い物するお店によっては、最大27.5%のポイント還元が受け取れるんだね~!

楽天カードがあれば、楽天ペイもポイントの二重取りだけでなく、三重取りが可能なのね!

スポンサーリンク

マイナポイントの「楽天ペイ」での受け取り方は?

前提として、マイナポイントの受け取りには、まず2万円以上のお買い物が必要となります。
チャージだけでは対象となりませんので、ご注意ください。

●マイナポイントは楽天ポイントとしてもらえる。
●利用月の翌々月末頃に楽天ポイントとして付与。
●ご自身での受け取り手続は不要。

マイナポイントに「楽天ペイ」を選ぶデメリットは?

楽天ペイの公式ホームページに以下の通り記載がありましたので、ご注意ください。

また以下についてはマイナポイント付与の対象外となります。

・楽天市場/ラクマ等を含むオンライン上での決済
・楽天ポイントカードによる決済
・楽天キャッシュへのチャージ
・楽天Edy(※)へのチャージおよびEdyによるお支払い
・SuicaへのチャージおよびSuicaによるお支払い 

※楽天Edyはおサイフケータイ機能のある端末でのみ利用可能です。 
iOS版楽天ペイアプリではEdyは非対応のため、表示されません。

マイナポイントで最大20,000ポイントもらえる! – 楽天ペイアプリ (rakuten.co.jp)

楽天ペイについてはこちらもご参考になさってくださいね~!
↓  ↓  ↓


楽天Payのお申し込みはこちらからどうぞ!
↓  ↓  ↓

iPhoneの方はこちらをチェック

androidの方はこちらをチェック

楽天カード派の方はこちらからチェックを!
↓  ↓  ↓

年会費永年無料の楽天カード

まとめ

今回は「マイナポイントは楽天カードと楽天ペイのどっちが得?両方を比較!」と題しまして、先に結論をお伝えした後に、楽天カードと楽天ペイのそれぞれについて「メリット」「還元率」「受け取り方」「デメリット」の順で比較をし深掘りしてみました。

楽天カードと楽天ペイ、どちらも身近に使えて利用しやすいサービスですね。
少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

楽天ペイはチャージしただけでマイナポイントがもらえる?
↓  ↓  ↓

マイナポイントが楽天ペイに付与されない4つの理由とは?
↓  ↓  ↓

マイナポイントは楽天カードにいつ入る?
↓  ↓  ↓


タイトルとURLをコピーしました